かるめポテサラ事件

提供: ますとどんちほー図書館
ナビゲーションに移動 検索に移動

かるめポテサラ事件とは、事件である。

概要

がーでん2では参加者に小鉢がプレゼントされたのはご存じの通りである。小鉢にはお通しとしてナッツかポテトサラダをよそってアルミホイルで封をしてあった(こうすればケース内でスタックできるのである)。さて何を思ったかかるめ氏、受け取った小鉢を鞄に突っ込んだのである。中身がナッツであれば大した問題にはならなかったが、彼が受け取った小鉢は運悪くポテトサラダであった。

がーでんはお開きになり二次会も終わり、当てもなく放浪する我々。おもむろに鞄を漁るかるめ氏はしかしその指先に違和感を覚えた。見ればペースト状の物体が付着している。

「なんだこれ」

「レンズのグリスとか?」

そして指先をペロリ。

「あっポテサラだこれ」

これが世に言う、かるめポテサラ事件である。

さあ、皆も唱えよう。二度と悲劇を起こさないために。

#忘れるなかるめポテサラ事件

批判

小鉢そのまま仕舞うのはまあ百歩譲っていいとして、指先についた得体の知れない物体をとりあえず舐めてみるのはおかしいと思う。

関連項目