サンドスター粒子

提供: ますとどんちほー図書館
ナビゲーションに移動 検索に移動

サンドスター粒子とはサンドスターから出る粒子である

概要

サンドスター粒子は、サンドスターが常に排出している粒子で、いくつかの作用がある。
 1.空間内で一定の濃度に達すると、立方格子上で不可視のフィールドを形成し、最大99%まで電磁波を減衰させる。
 2.1がもたらす効果により、動体センサーなどが正常に動かなくなり、レーダーが実質的に無効化される。
これらで形成されたフィールドをJフィールドと呼ぶ。
ジャパリ・エレクトロニクスの調査によって、サンドスターの平常時に放出されるサンドスター粒子は、
効果が無に等しいほど薄いことが判明している。

サンドスターフライトシステム

Jフィールドが形成される際に出る反発力を増幅し、それを推進力として飛行するシステム。
小型機でも搭載可能なことから、得られる機動力はかなりの物である。

関連項目

ジャパリ・エレクトロニクス