シロイルカ(フレンズ)

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索
現在、このページの情報は長らく更新されず、古いままになっています。

フレンズ化したシロイルカ

シロイルカ(フレンズ)とは、stylecaseによって作られたオリジナルフレンズ(非公式アニマルガール)である。

概要

「あの、よかったら……私の頭、撫でていただけませんか?」

北極海に生息しているクジラ偶蹄目イッカク科シロイルカ属シロイルカのフレンズ。英名"Beluga"を捩り「ベル」と名乗っており、周囲からもそう呼ばれている。

内気な性格で敬語口調、口数は多くない。友好関係を積極的に広げることもなく、いつも一歩離れた位置から友人を見守っている。普段こそお淑やかで誰に対しても素っ気なく振舞ってはいるものの、実はとても構ってちゃんで甘えん坊。友人が楽しく賑やかに遊んでいたりする様子を見ているとその輪に入って遊びたいという欲求が溢れ出すが、必死にその欲求を抑えて自身のクールな雰囲気を保とうとする(たまに耐えきれず爆発する)。対して特別親しい友人にはゆるゆるに接しており、特に甘えたい欲求が爆発した時にはべったりくっ付き、隙あらば頭を撫でるよう要求したりする。つい「えへ、えへへ」と声が漏れてしまうことも。

元動物のシロイルカは他の小〜中型イルカと比べ運動能力が高くないためか、ベル自身も水中であろうと運動はそこまで得意ではない。その代わりに歌が趣味で、「海のカナリア」という別称に違わぬ歌唱力と声の種類を持つが、あまり人前で披露しようとはせず、独りでいる時などに口ずさむ程度に済ませている。

元々はゴコクエリア東南にある「ナリモン水族館」で飼育されていた動物だったが、サンドスターとの接触によってフレンズ化、以後は外で友人と共に日常を過ごすようになる。たまに水族館に戻っては元飼育担当で今でも親しいスタッフの手伝いをしていることもある。

外見

元動物の通り、白髮、白ネックウォーマー、白セーラーに白セーター、白ニーハイと全体的に真っ白で、寒い海に棲む動物なだけあって防寒に徹したような服装を身に纏っている。だぼっとした丈の長いセーターの下には同じイッカク科であるイッカクと似たようなセーラー服を着ており、リボンやフリルなどが淡い水色をしている。セーラー服の一部や靴などが灰色なのは、産まれてから10歳程度の子供が灰色の身体をしていることの名残か。

髪型はボリュームのあるショートボブで、前髪は元動物が持つ大きいメロン体(脂肪の塊で、鼻から出したエコーロケーション音を増幅、方向をコントロールする器官)のように盛り上がっている。頭頂部は元動物のように艶やかで柔らかい質感に変容しており、本来の呼吸器官である噴気孔は模様として再現。側面からは薄く広い胸ビレが生えていて、思い思いに動かせる。毛先は他のクジラ目フレンズと同様に海のような深い青色をしている。

元動物の腰〜尾ビレにあたる部分が背中から生えていて、水中ではこれを上下に動かしながら優雅に泳ぐ。

野生解放

「私の歌を、どこまでも深く……!」

野生解放すると目や髪の毛先が眩い水色に輝き、溢れ出たけものプラズムが頭上に天使の輪のようなビジョンを形成する。運動能力が格段に向上したりはしないが、エコーロケーションによる索敵能力がより強化され、彼女の発する歌声に特殊な効果が付与される。この時にのみ発動できるスキル「エンジェルマリンソング」は、深海に響き渡るほどの美しい歌声で、敵の動きを氷の如く鈍らせる。

関連項目

国内でシロイルカに会える水族館

関連リンク

シロイルカ - Wikipedia