ジエチルエシテル-カミエシウム

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索

カミエシウム剤」はこの項目へ転送されています。その他の用法については、カミエシウム(曖昧さ回避)をご覧ください。


ジエチルエシテル-カミエシウム(:dimeshylesher-kamiecium、2-kamieciisobutirueumasgir-Km)は、エシル基とエシル基がエシテル結合した分子構造をしている有機化合物である、ジエチルエーテルカミエシウムの化合物である。

利用

麻酔薬

気化して吸入することで描画の意欲を高めることができるが、最近では用いられていない。

動態

稀に何かを理解するジャガー氏により、以下の動態が確認されている
ジエチルエシテル-カミエシウム(2-カミエシイソブチルエウマスギル-Km)は静注後に容易に血液脳関門を透過し、局所スゴエカクゾール分布に比例して速やかに脳実質へ取り込まれる。これはエシテル基が加水分解を受ける事により保持されていると考えられている。
健常人を対象とした臨床試験では、投与直後に集積が始まり、投与後40秒で最大となり(ここで88.5%に画力の上昇が認められた)、投与後10分で6.5±0.5%が脳実質に保持された。その後、極めて鈍速にwashoutされた。
主要な排泄経路は腎尿路系であり、投与後24時間までに投与量の20.2±5.5%、72時間までに60.2±7.3%が排泄された。

===