ジャパリ・エレクトロニクス

提供: ますとどんちほー図書館
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャパリ・エレクトロニクス ロゴ.png
ジャパリ・エレクトロニクスとは研究開発企業である

概要

ジャパリ・エレクトロニクス(Japari Electronics)は、宇宙進出の際に必須となるモビルスーツ(モビルワーカー)を研究開発しています。
現段階では、リガ・ジャパリパーに機体を提供しています。

社内情報

社内データベースを参照します。

Level 1

CEO:ツチノコォウ

F.W.A.D.M.S. プロジェクト概要
 このプロジェクトの対象として挙げられているのが
 ・拠点防衛用
 ・拠点修復用(ワーカー)
 ・デブリ掃除用(ワーカー) です。
 開発が終了しているのはこれらです。

 これ以上の情報はゲストユーザー以上の権限でないと閲覧できません






Level 2

F.W.A.D.M.S. プロジェクト 機体データ
 ・ジム・拠点防衛型
  肩にキャノン、主兵装に大型ライフルを装備。
 ・ジム・拠点修復用(ワーカー)
  2本のサブアームによりマルチタスク型にしている。
 ・ジム・デブリ掃除用(ワーカー) 
  板にドリルを設置し、広範囲で除去。さらに増加ブースターでエネルギーと機動力を確保。

 これ以上の情報は正規ユーザー以上の権限でないと閲覧できません






Level 3

攻撃力・防御力・機動力 安定化
 ・バックパックに追加武装
  大型ビーム砲、ロケットランチャーが推奨されている=両方搭載で攻撃力確保→採用
 ・パージ可能な追加装甲
  防御力確保したうえで、状況に合わせた運用が可能→採用
 ・増加ブースターを追加
  機動力確保→採用

 これ以上の情報は幹部以上の権限でないと閲覧できません






Level 4

 ・リガ・ジャパリパーからの人手
  神崎 雅夫…サンドスター粒子に精通。
  丸藤 正輝…物理に精通。

 これ以上の情報はレベル5以上の権限でないと閲覧できません






Level 5

 レベル5の情報にアクセスしようとしています。
 ログインIDとパスワードを入力してください。

 ログインID:back_door
 パスワード:********

 認証中..........................................


 完了しました。












 F.S.W.S. Project

 宇宙においてJAPARIグループが絶対的位置に立てるように進められている計画。
 高性能のモビルスーツに、規格外の武装とF.A.システム(フルアーマーシステム)を搭載することで攻撃力と防御力、更に機動力を両立させることが目的です。
 現在プロトタイプ・ジムをベースにする話が進んでいます。











 Victory Project

 リガ・ジャパリパーに支給するモビルスーツを開発する計画。担当は神崎博士。
 戦力低下を防ぐためにα、β、コアに分離するU.S.T.System(合体分離変形システム)を搭載している。
 機体リスト
 ・LJPT
  後に続くLJシリーズのプロトタイプ。U.S.T.Systemとサンドスターフライトシステム(詳しくはサンドスター粒子)を搭載し、
  コストは既に量産機ほどに下げられている。
 ・LJ312V04(通称V)
  初代LJの主力。LJPTから更にコストダウンが行われている。
 ・LJ314V21(通称V2)
  初代LJのエースパイロットに支給された機体。高濃度のサンドスター粒子を排出する。
 ・2LJ323V04(通称V3)
  2代目LJの主力。V2の設計図を基にし、最新の技術をコストダウンして搭載した物。
 ・2LJ326V17(通称V2XX)
  1機のみ残っていたV2のコアに特殊なカスタマイズを施工。V3のαβに対応させ、コアを重武装にした機体。

  この機体のパイロットであるエースアニマルガールに関してはリガ・ジャパリパーを参照。














関連項目

利用者:ツチノコォウ