スナネコ

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索

スナネコは完全な砂漠に適応した唯一のネコ科動物なのです。若干ゃ小さめで北アフリカ、中東、中央アジアまで広い地域に生息するのです。2002年には近危急種としてレッドリストに登録されたけど、2016年には低危険種に分類され、懸念は少し緩和されたです。でも生息域が分断されているのです。イスラエルでは積極的に保護されているみたいなのです。

概要

砂がいっぱいある場所に適応したネコというイメージがあるかもしれないけど、岩石砂漠にも暮らしているのです。足の裏は毛がふさふさで、極端に熱い砂の上や、反対に極端に冷たい場所でも歩くことができるのです。

学術的な記録としては1858年の報告、北アフリカ(今のアルジェリア)で見つかった剥製に関するものが最も古く、スナネコの学名"Felis margarita"もその時の遠征隊の隊長、ジャン・オーギュスト・マルグリットにちなむのです。一方、1926年にはロシアの動物学者セルゲイ・オグニューが中央アジアのトルクメニスタンで見つけたネコを全くの新種として報告しているのです。これは後にスナネコの亜種とされたです。

形態

体色はおおむね黄土色なのですが、模様は個体差があるのです。無地のネコちゃんも居れば、斑点だったり、縞だったりするのです。目は黄色に近い黄緑、目から頬にかけて赤味を帯びたラインが伸びるです。イエネコより若干ゃ小さく、肩までの高さは24-36センチ、体重は1.5-3.4キロなのです。尻尾を除くと体長は39-52センチなのです。耳の位置は若干ゃ低く、そのために扁平なお顔はよりワイドに見えるのです。また、北のちほーに暮らすスナネコの冬毛は長さが5センチにもなり、もふもふなのです。

体重当たりで計算すると噛む力はライオンよりずっと強く、ジャガー、タイリクオオカミと並ぶのです。意外と強いのです。野性では最悪水を飲まなくても生きていけるみたいなのですが、水場を見つければ躊躇なく飛びつくらしいのです。実はやせ我慢しているのかもしれないのです。ちなみにフェネックも一生水を飲まなくても生きていけるらしいのです。

生態

主要な生息地は北アフリカなのです。全くの砂丘は餌が無いので、ある程度は植物が生えているフラットな地形を好むのです。気温は-5度から52度まで対応できるフレンズなんだね。とはいえ極端な気候の時は巣穴でじっとしているらしいのです。中央アジアではカスピ海の東に暮らしているのです。

基本的に繁殖のとき以外は単独行動してるです。相手を見つける時は尿によるマーケティングが役に立つのです。巣穴は自分で掘ることもあるけど、キツネとか、ヤマアラシの空き家をリフォームすることが多いらしいのです。冬場は昼に行動するけど暑い時期には夜行性になるのです。スナネコでも夏はやっぱり暑いのです。

狩りごっこではお腹が地面に付くくらい低く構えて突然走り出す、という独特の動きをするそうなのです。ナーバリは16平方キロ(イスラエルの例)で結構広く、かなり歩くみたいなのです。主食は小さいげっ歯類で、若いノウサギ、またはトカゲや鳥なんかを食べることもあるのです。砂を掘るのは得意で、エサをとるのはもちろん、後々のためにエサを埋めて隠したりもするのです。本当は結構つらいに違いないのです。

飼育

繁殖行動はイエネコに近いけど子猫の成長は早いそうです。一年以内には自立するのです。繁殖期は生息地によって違って、飼育下では年に複数回の繁殖を行った例もあるみたいなのです。また飼育下の出産では30日生きる確率が6割なのです。この数字の原因は出産経験の浅い母ネコの育児放棄らしいのです。飼育下の寿命は13年くらいだけど野性での寿命は謎なのです。飼育下では気管支関係の疾病に悩まされやすいらしいのです。湿度が高いとすぐにウイルス感染するらしいのです。日本はきっと合わないのです。

関連項目