デジタル添い寝

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索

デジタル添い寝とは、ますとどんちほーLTL上で盛んにおこなわれる添い寝の架空体験である

デジタル添い寝とは

添い寝(そいね、英:co-sleeping)とは、寝ようとする相手に寄り添って寝ることである。

添い寝には、以下の2つの意味がある。

  1. 「同じベッドで寝ること」

  添い寝は、同じベッドで寝ること(英:bed-sharing)という意味で用いられることがある。

  1. 「同じベッドではないが隣で寝ること」

  添い寝は、同じベッドではないが隣で寝ることという意味で使われることもある。

ますとどんちほーでは日中夜中早朝にかかわらず、盛んにフレンズのすりぷー宣言が交わされ、眠りにつく姿が目撃される。(たまに寝るといってるのに寝ないのもいる)
そんなフレンズの中には就寝時間が一緒であるとか、シエスタをする時間が同じとき、フレンズたちは「ぬくもりが欲しい」「いたら安心する」「{禁則事項です}たい!」などの理由でTL上でお互いに添い寝をしようなどの勧誘が目撃される。

だがこれらの添い寝を持ちかけるがおーも所詮マストドン上での会話であり、フレンズたちがインターネットを介して、がおーされる「添い寝する?」などの言葉は、1と0のデジタル信号を以てしてできたものである。
ゆえに「デジタル添い寝」と名付けられたのである。

デジタル添い寝の起源

デジタル添い寝の行為自体は以前から目撃されていたが、(一例)「デジタル添い寝」のネーミングの根源ユウレイグモにある。

注釈

なお相手はグソクムシ氏であった。

関連項目

どすこいかわうそ