ナリモン水族館

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索
現在、このページの情報は長らく更新されず、古いままになっています。

ナリモン水族館のロゴマーク
この記事は作成途中です。今後の展開次第でどんどん充実していきます。「こんな施設があったらいいよね」「私のフレンズを通わせたい!働かせたい!」という要望があればstylecaseにお伝えください。

ナリモン水族館(なりもんすいぞくかん,NARIMON aquarium)とは、ジャパリパークゴコクエリア東部沿岸に位置する園営の大規模水族館である。

概要

ジャパリパーク(以下:パーク)設立と同時に事業開始。パークを運営するジャパリグループの下、ゴコクエリア管理局により管理・運営が行なわれている。日本本土にある水族館と比較するとかなり広大で、ゴコクエリアと呼ばれる区画の一部をふんだんに利用した敷地内では多種多様な水棲生物の展示、飼育、研究が行われている。特にイルカやシャチなどの海獣の展示飼育に注力しており、その飼育頭数、種類数は国内最多級を誇る。また、水族館の敷地内には直営ホテル「ナリモンマリンホテル」が併設されている。

施設

水族館

ナリモン水族館は「屋内展示エリア(仮称)」と「屋外展示エリア(仮称)」の二つのエリアに分かれている。

屋内展示エリア

ピラミッド型の建物を中心に展開する屋内展示場。世界各地の水域・海域を再現した水槽が多数設置されており、様々な生物が本来の生息環境に近い形で飼育されている。

大水槽

数フロア分の高さを誇る施設内最大の水槽。ジンベエザメなどの巨大魚類も展示されている。

大渦潮の流れ

ゴコクチホー東部に存在する、潮の流れが激しい海域「ナリモン大渦潮」を最新技術により再現した水槽。

アークマリンシアター

シロイルカが飼育されているプール。2層構造になっており、時間帯によってそれぞれ異なるパフォーマンスを観ることができる。

屋外展示エリア

沖へせり出すように埋め立てられた敷地に展開するエリア。アシカやペンギン、イルカなどの生物が展示飼育されている他、屋外テラス型のレストランが複数設置されている。

ペンギン岬

ペンギン達が暮らす岩場を再現したゾーン。水中トンネルからはペンギン達が泳ぐ姿を間近で観察することができる。

ドルフィンラグーン

沿岸の一部を広く使用した鯨類用飼育ゾーン。外界と通じており、バンドウイルカを始め様々な種の海獣が自由に泳ぎ回っている姿を観察することができる。ここではイルカたちと触れ合う、一緒に泳ぐなどのサービスを体験することができる。

オルカテリトリー

シャチが飼育されているプール。地下空間でシャチ達が優雅に泳ぐ姿を観察できる他、時間帯により解説コーナーも開催されている。

レストランストリート

複数のレストランが軒を連ねるゾーン。屋内席、屋外席共に充実しており、海外客も楽しめるよう幅広いメニューが用意されている。

宿泊施設

ナリモンマリンホテル

ゴコクエリア管理局及びナリモン水族館直営リゾートホテル。水族館を数日かけて見学するゲストが宿泊したり、パークの他エリアから来たゲストがゴコクエリアを観光する際の拠点として滞在するなどの用途で利用されている。直近のビーチで海水浴が楽しめる他、敷地内のプールでも自由に泳ぐことが可能。レストランではゴコク名物の一流料理を堪能できる。

サンドスター事件後

20XX年X月未明にジャパリパーク全土に飛来した超常物質「サンドスター」により、動物がヒトの少女の姿に変化した特殊生物(通称:アニマルガール)が発生。同施設も例外ではなく、現時点でシロイルカのヒト化が確認されている。また、外部からも多数のアニマルガールが来館しており、中には水族館スタッフやレストランの店員として勤務している個体も存在する。施設内で発生した個体や飼育されている動物と同じ種の個体、関連する種の個体は動物解説役としてスタッフからスカウトされており、動物本人(?)から解説を受けられるというジャパリパークならではなサービスを新たにスタートさせている。しかし、同じくサンドスターによって発生した超生命体「セルリアン」によりアニマルガールやスタッフ、ゲストが襲われる事件が多発。現在はそういった緊急時に対応できるよう水族館やホテルを避難所、及び迎撃拠点として活用している。

近年、当水族館を活動拠点として頻繁に来館する海棲アニマルガールが増加していることを受け、外海と館内を自由に出入りできるよう専用の水門が新設された。

館内で誕生したアニマルガール

シロイルカ「ベル」

「サンドスター事件」直後の20XX年X月X日にヒト化したシロイルカの雌個体。元々は甘え上手なことで人気だった個体だが、アニマルガールとなった今では非常に大人びた性格をしている。変化当時はジャパリパーク全体が混乱していたこともあり、一時期こそ監視対象としてゴコクエリア管理局やパークセントラルに収容されていたが、アニマルガールの存在を認められた現在は水族館のイメージキャラクターを勤めたり、動物のシロイルカと共にパフォーマンスを披露したりとスタッフの一員として活躍している。

関連項目