ヒゲじい

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索

ヒゲじいとはNHKの番組・ダーウィンが来た!生きもの新伝説サンドバッグ、毛玉、激寒駄洒落爺、モリゾー、くもじいのほうがすき、いらない、アンラッキービースト、セルリアンマスコットキャラクターである。CV:龍田直樹

チャールズ・ダーウィンの髭がモチーフ。毛ものフレンズ公式化するとは…

概要

番組内で主に気になった点があると「ちょっと待った~!」「でもちょっと待った!」とナレーターに疑問を投げかけ登場する。

それについてナレーターが答える形で番組が進行していくが、退場の際やたらと寒いギャグ(ダジャレ)を残していくのがお決まりのパターン。

表情や登場・退場パターンはかなりのバリエーションがある。

実は妻(ヒゲ子)がいる。子供もいる模様。

プロフィール

名前:ヒゲじい[1]

外見:全身が毛で覆われており、緑の帽子を被っている。髭(全身髭だが)には赤いリボンが結ばれている。足と手がついているが指はない。

性別:男

年齢:推定40代~50代[2]

特技:ダジャレ[3]

趣味:生きものを飼うこと[4]

好きな食べ物:手羽先、ワイン[5]

ますとどんちほーでの扱い

ますとどんちほーではけものフレンズにまつわる動物番組ということで毎週ダーウィンが来た!の実況がされている。

往々にしてネット上ではとても扱いの悪いヒゲじいであるが、ちほーでも同様で、登場すると「出たな」、「毟るぞ」、「0点」、「は?」などと散々に罵倒される。

特にダジャレの採点は決まって0点である。登場回数が多いとさらに減点されたりする。

たまにダジャレを言わない時があると「言えよ」などと言われる。理不尽

そのの変わりようは番組を視聴せずともヒゲじいが出たと分かる程。

けものフレンズ2への出演

以前からダーウィンが来た!は明らかにけもフレを意識した行動[6]をとっており実質コラボなどと言われていた…

のだが、アニメ「けものフレンズ2」3話の動物紹介コーナーでついに局を跨いでコラボしてしまった[7]

ヒゲじいは(声のみの出演であったが)あろうことかミライさんの出番を奪いに代わってバンドウイルカの解説を敢行[8]
ちほーを含めたネット上では突然の激寒駄洒落毛玉出現に無数の罵声が飛んだという[要出典]

ちなみに、直後に放送されたダーウィンが来た!のカラカル回の再放送でもカラカルが撮り下ろしボイス付きで出演するなど盛りだくさんであった。

その後9話の動物紹介コーナーにも再登場。オオアルマジロの解説をした。今度は姿付きだった。

フレじい誕生

そんなヒゲじいであるが2019年3月24日のダーウィンが来た!の放送[9]のイラスト紹介コーナーでついにフレンズ化友達化してしまった[10][11]。なんてことを…

ちほーでもそれについて様々な議論が交わされるなどしている。

ついでにマヌ~ルのゆうべ[12]幸獣突っ立ってた出演した。

関連項目

外部リンク

注釈

  1. 初期は名前がなく、「生き物大好きなおじいさん」と名乗っていたらしい
  2. https://www.nhk.or.jp/darwin-blog/300/ による
  3. 同上
  4. 同上
  5. 同上
  6. Twitterでの言動や2007年放送のサーバル回の再放送など
  7. https://mstdn.kemono-friends.info/@cynthia_koko/101496544496072251
  8. ダジャレも言った
  9. http://cgi2.nhk.or.jp/darwin/articles/detail.cgi?p=p590 - 第590回「落ちたら最後!アリジゴク」
  10. https://twitter.com/nhk_darwin/status/1109772038506344448
  11. https://mstdn.kemono-friends.info/@cynthia_koko/101805266012173723
  12. http://www.nhk.or.jp/darwin/comic/

最後に

みんな実はヒゲじい好きでしょ(小声)