ホルン

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索

ホルンとは、金管楽器のひとつである。わかりやすく言えばぐるぐるうずまきのラッパである。ますとどんちほーでは合唱時に使われる単語でもある。(後述)

概要

ホルンはもともと角笛を原型としているといわれ、ラッパが後ろ向きなのは狩りに使っていたから(後続の仲間に聞こえやすいように)ともいわれる。
ちなみに「ホルン」とつく楽器は世界各国にあり、中には金管でないホルンもある。
と、まあ楽器としてはこんな感じなのだが。

ますとどんちほーにおいては、けものフレンズOP「ようこそジャパリパークへ」の冒頭で鳴り響く旋律を指すことが多い。
ちなみに合唱時は

  • (ホルン)
  • ペップープッペップー

などと書き込まれる。

新しいフレンズが来ると、ますとどんちほーの住人は高らかにこのホルンを吹くのである。

ちなみに、このイントロのホルンは当初存在しなかったらしい。[1]

関連項目