利用者:ウィナーズサークル

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索

ウィナーズサークルとは、競馬で1着になった競走馬とその騎手、その関係者を表彰するスペース、およびそれを馬名の由来とした競走馬(以下、-号とするのだ。他の競走馬についても同じなのだ)で、主戦騎手は『剛腕』の異名をとった、郷原洋行騎手なのだ!

競走馬なのだ!

ウィナーズサークル号は、1986年、茨城県で生まれたのだ!
1989年、3歳になったウィナーズサークル号は、クラシック三冠競走(皐月賞、東京優駿[日本ダービー]、菊花賞の三競走を指すのだ!)に出走。 皐月賞では、優勝馬ドクタースパート号に及ばず2着に敗れたのだ・・・しかし、東京優駿では、3番人気に推され(ちなみに、4番人気は皐月賞馬ドクタースパート号なのだ!)、6番人気だったリアルバースデー号を抑えて優勝し、第56代ダービー・ホースとなったのだ!

ちなみに、皐月賞2着→東京優駿1着という成績は、郷原騎手が初めて東京優駿を優勝し、ダービー・ジョッキーとなった1980年(第47回)東京優駿優勝馬オペックホース号と同じなのだ!

その後、クラシック二冠を目指して菊花賞に出走したものの、優勝馬バンブービギン号からおおきく離された10着と大敗してしまったのだ・・・ また、そのレース中に骨折をしていたことが判明し、引退したのだ・・・

引退後は種牡馬となったのだが、目立った活躍馬を出せず、2016年、老衰で死去したのだ・・・

ますとどんちほーなのだ!

アライさんは特になにもないのだ!突出したものがないのだ!

ただ、うつろな目で毎日ご飯を食べて、ねぐらとどこかを往復し続けるだけなのだ!一体何の意味があるのだ?

こんなことなら、すぐに捨てられても少しは役に立つ、割りばしの箸袋にでも生まれていた方がマシだったのだ!

アライさんは、アライさんになりたいのだ。アライさんになれば、フェネックの深い愛情に包まれるのだ。フェネックはかわいいのだ~♡ フェネック♡ フェネックぅ・・・♡

もう自己紹介は終わりでいいのだ?これで満足なのだ?アライさんはねぐらでフェネックと一緒にねるのだ!

フェネックの匂いをかぐと安心するのだ・・・♡フェネックは寝顔もかわいいのだ♡フェネックと一緒にいると、安心して寝られるのだぁ・・・♡

フェネック・・・♡

フェネックぅ・・・♡
































































































・・・あっ、ただの壁だったのだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連項目

・うんこ製造機