利用者:Kaitaku 101

提供: ますとどんちほー図書館
ナビゲーションに移動 検索に移動

こんばんは。今夜の「利用者:Kaitaku 101」はKaitaku 101についての話です。彼のますとどんちほーでの誕生秘話とその半生、どのようにして彼はかの激動の地、激動の時代のますとどんちほーを生き抜いたのか。今回我々は専門家らの意見を交えつつ、彼を知る人物や本人から話を聞き、その真相に迫ることが出来ました。

誕生

ますとどんちほーにおけるいかなる出来事、人物もこれの存在抜きには語れません。
けものフレンズなくしては、ますとどんちほーも存在しなかったでしょうからね。
~森鴎外研究所 メメント・モリオウガイ

数々の記録は、Kaitaku 101がますとどんちほーに来る直接の原因はけものフレンズという日本のアニメーションだということを示している。

けものフレンズとはけものフレンズプロジェクトによる日本のメディアミックス作品のことで、その中でもアニメけものフレンズはその作品群の一翼を担う作品として、一時期流行を巻き起こした。
そんなけものフレンズは彼の目にも止まり、彼はニコニコ動画で無料公開されている1話を見て、何かを感じ取った。

ちょうど・・・4話のトンネルが話題になってる頃でしたかね・・・確か6話まで放映されていた頃のはずです。私のツイッターのタイムラインにもその話題が頻繁に流れてきていました。
アニメはほぼ見ないタイプだったのですが、当時からFalloutシリーズをプレイしたり世紀末もの映画を見たりとポストアポカリプスものは好きでしたので、ここはひとつ見てみるか、と一念発起しました。
私は1話のデカい青セルリアンがいるゲートのシーンではっと気づきました。人が詰めているはずの詰め所に誰も居ないと。これは面白いかもしれないなと思い次々と話を進めていきました。
気がつくと私はDアニメストアに登録して、7話の配信を今か今かと待ち構えていました。ちょうどハシビロコウちゃんがかばんちゃんの正体を言い当ててしまった話ですね。今となってはいい思い出です。
~2018年8月初旬 もふもふ狐帝国 ひらきもの氏

すまない。ひらきーは寝ちまったみたいだ。ほら見ろ、パソコンの前に狐が転がってるだろ?あれがひらきーだ、人間に化けた狐。疲れると化けが解けて眠りこけちまう。かわいい寝顔だろ?
ぬのだんに運んでやらないとな・・・ ちょっとそこの毛布を取って手伝ってくれ。 よし。ありがとう。こいつをかけて完成だ。俺たちも引き上げるとするか。おやすみ。