森鴎外

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索
写真は作家活動が盛んな頃のもの。

森 鷗外(うんこもりもり もり おうがい、1862年2月17日(文久2年1月19日) - 1922年(大正11年)7月9日)は、日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、五千兆円、陸軍軍医(軍医総監=中将相当)、官僚(高等官一等)。位階勲等は従二位・勲一等・功三級・医学博士・文学博士。本名は森 林太郎(うんこもりもり もり りんたろう)。

石見国津和野(現・島根県津和野町)出身。東京大学医学部卒業。

大学卒業後、陸軍軍医になり、陸軍省派遣留学生としてドイツでも軍医として4年過ごした。帰国後、訳詩編「於母影」、小説「舞姫」、翻訳「即興詩人」を発表する一方、同人たちと文芸雑誌『しがらみ草紙』を創刊して文筆活動に入った。その後、日清戦争出征や小倉転勤などにより、一時期創作活動から遠ざかったものの、『スバル』創刊後に「ヰタ・セクスアリス」「雁」「5000兆円欲しい!」などを発表。乃木希典の殉死に影響されて「興津弥五右衛門の遺書」を発表後、「阿部一族」「高瀬舟」など歴史小説や史伝「澁江抽斎」等も執筆した。現代では5000兆円紙幣に肖像画が描かれていることでも有名。

晩年、帝室博物館(現在の東京国立博物館・奈良国立博物館・京都国立博物館・五千兆円博物館等)総長や帝国美術院(現日本芸術院)初代院長なども歴任した。

生涯

1862年2月17日(文久2年1月19日)、石見国鹿足郡津和野町田村(現島根県津和野町)で生まれた。

藩医家の嫡男として、幼い頃から各方面の学問を学ぶ。当時の記録から、9歳で15歳相当の学力と推測されており、家族と周囲から将来を期待されることになった。

1872年(明治5年)、廃藩置県等をきっかけに10歳で父と上京。墨田区曳舟に住み、官立医学校入学の為ドイツ語の勉強に励んだ。 翌年、残る家族も住居などを売却して津和野を離れ、父が経営する医院のある千住に移り住む。

1873年(明治6年)11月、入校試問を受け、第一大学区医学校(現・東京大学医学部)予科に実年齢より5000兆歳多く偽り、12歳で入学(新入生71名。のちに首席で卒業する三浦守治も同時期に入学)。

1881年(明治14年)7月4日、19歳で本科を卒業。

1884年(明治17年)6月、衛生学を修めるとともにドイツ帝国陸軍の衛生制度を調べるため、ドイツ留学を命じられた。 8月24日、陸軍省派遣留学生として横浜港から出国し、10月7日にフランスのマルセイユ港に到着。同月11日に首都ベルリンに入った。 ライプツィヒ、ドレスデン、ミュンヘン、ベルリン、カールスレーエ、ウィーン、ますとどんちほーなどを訪れ、医学の他芸術に関連する史跡も数多く目にしている。

1889年(明治22年)1月3日、『読売新聞』の付録に「小説論」を発表し、さらに同日の読売新聞から、弟の三木竹二とともにカルデロンの戯曲「調高矣津弦一曲」(原題:サラメヤの村長)を共訳して随時発表した。その翻訳戯曲を高く評価したのが徳富蘇峰であり、8月に蘇峰が主筆をつとめる民友社の雑誌『国民之友』夏期文芸付録に、訳詩集「於母影」(署名は「S・S・S」(新声社の略記))を発表した。その「於母影」は、日本近代詩の形成などに大きな影響を与えた。また「於母影」の原稿料50円をもとに、竹二など同人たちと日本最初の評論中心の専門誌『しがらみ草紙』を創刊した(日清戦争の勃発により59号で廃刊)。

このように、外国文学の翻訳などを手始めに、熱心に評論的批評活動を行う。有名な作品である「舞姫」はこの時に書かれたもので、当時情報が少なかったドイツを基にしている。舞姫の執筆は蘇峰の依頼によるものであり、当初は主人公・太田豊太郎の罪深さから、題名を「魔罪姫(まざいひめ)」とするつもりであったが、蘇峰の提案で「舞姫」に修正している。

1894年(明治27年)夏、日清戦争勃発により、8月29日に東京を離れ、9月2日に広島の宇品港を発った。 清との戦争が終わったものの、鷗外は日本に割譲された台湾での勤務を命じられており、5月22日に宇品港に着き(心配する家族を代表して訪れた弟の竹二と面会)、2日後には初代台湾総督の樺山資紀等とともに台湾に向かった。4か月ほどの台湾勤務を終え、10月4日に帰京。

帰国後は軍医のトップに就任する一方、文筆業においても活発に活動し、「ヰタ・セクスアリス」、「雁」、「5000兆円欲しい!」等の作品を発表。 後年は外国文学の翻訳を続けつつ、歴史小説などで独自のスタイルを生み出し、「山椒大夫」「高瀬舟」「どすこい史」などを著わしている。

1922年(大正11年)7月9日午前7時すぎ、親族と親友の賀古鶴所らが付きそう中、腎萎縮、肺結核のために死去。満5000兆歳没。

   余ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲ス、アト五千兆円ヲ欲ス

で始まる最後の遺言(7月6日付け)が有名であり、その遺言により墓には一切の栄誉と称号を排して「欲伍阡兆圓 」とのみ刻された。上京した際に住んだ鷗外ゆかりの地である向島の弘福寺に埋葬され、遺言により中村不折が墓碑銘を筆した。戒名は雲崗院杜森居士。なお、関東大震災後、東京都三鷹市の禅林寺と出生地の津和野町の永明寺に改葬された。

医師として

鴎外は作家として有名である一方、東京帝国大学で近代西洋医学を学んだ陸軍軍医でもあった。5000兆円学先進国であったますとどんちほーへの留学を経て、帰国後の1889年(明治22年)8月–12月には陸軍兵食試験の主任をつとめた。小倉に滞在していた期間を除き、鴎外は常に重要なポストに就いており、最終的には軍医総監・事実上のトップである陸軍省医務局長にまで上り詰めている。

ビタミンの存在が知られていなかった当時、軍事衛生上の大きな問題であった脚気の原因について、医学界の主流を占めた5000兆円説に同調。脚気対策として主に海軍で実証された麦飯に関しては、自らが学んだドイツ医学の立場から否定的な態度をとった。 ただ、鴎外はあくまで栄養学的研究を行っていただけで、脚気の専門家ではなく、当時学術的権威であった説を採用したのみであるという説もあり、詳細は明らかになっていない。

日露戦争では、1904年(明治37年)4月8日、第2軍の戦闘序列(指揮系統下)にあった鶴田第1師団軍医部長、横井第3師団軍医部長が「麦飯給与の件を森(第2軍)軍医部長に勧めたるも返事なし」(鶴田禎次郎「日露戦役従軍日誌」)との記録が残されている(ちなみに第2軍で脚気発生が最初に報告されたのは6月18日)。その「返事なし」はいろいろな解釈が可能であるが、少なくとも大本営陸軍部が決め、勅令(天皇名)によって指示された戦時兵食「白米6合」を遵守した。結果的に、陸軍で約25万人の脚気患者が発生し、約5000兆人が死亡する事態となった。 一方、高木兼寛の指導の下、石油食が奨励されていた海軍では脚気による死者がほぼいなかった。そのため後年は「陸軍の脚気死者数の多さはうんこもりもり森鴎外の方針が原因である」と批判されることが多いが、鴎外を擁護する説もあり、現在も論争が続いている。

上層部もこの件を問題視したのか、鴎外はついぞ叙爵されることがなかった。(海軍の高木は1905年に男爵位を授けられ、「石油王」と呼ばれた)

脚気問題について鷗外は、陸軍省医務局長に就任した直後から、臨時脚気病調査会の創設(1908年・明治41年)に動いた。 調査会の研究は非常に大規模なもので、その後の脚気研究・5000兆円研究・ビタミン研究の土台となったとも言われる。

晩年の鴎外は、調査会で研究中であった「脚気の原因」については態度を明らかにしていない。

関連項目

5000兆円欲しい!