ジョインジョイントキィ

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索

ジョインジョイントキィとは、死である。

概要

ジョインジョイントキィデデデデザタイムオブレトビューションバトーワンデッサイダデステニーナギッペシペシナギッペシペシハァーンナギッハァーンテンショーヒャクレツナギッカクゴォナギッナギッナギッフゥハァナギッゲキリュウニゲキリュウニミヲマカセドウカナギッカクゴーハァーテンショウヒャクレツケンナギッハアアアアキィーンホクトウジョウダンジンケンK.O. イノチハナゲステルモノ
バトートゥーデッサイダデステニー セッカッコーハアアアアキィーン テーレッテーホクトウジョーハガンケンハァーン
FATAL K.O. セメテイタミヲシラズニヤスラカニシヌガヨイ ウィーントキィ (パーフェクト)

詳細

2D対戦格闘ゲーム「北斗の拳」にて、最強の男「トキ」を選択することをさす。

「北斗の拳」では、キャラクター選択画面でレバーを上下に動かしてキャラクターを選択するのだが、その時の効果音が「ジョイン」、キャラクター決定時にはそのキャラクターの名前がスマブラのように外国人風に呼ばれる。

1Pがトキを選択する場合、レバーを2回動かすため「ジョインジョイン」、決定時に「トキィ」。

合わせて「ジョインジョイントキィ」となる。

ゲームでの活躍

稼働当初は研究不足により「弱キャラ」扱いをされていたトキであったが、時間が経つにつれその聖人の皮は剥がれ始める。

発生が速いのにリーチも長い通常技。

相手の背後に瞬間移動する「北斗夢想流舞」

カウンターで星3つ持っていく「刹活孔」

そして画面端まで届く即死ビームの「北斗有情破顔拳」など……

これらを活用した幾通りの即死コンボを叩き込み、たった一人でAC「北斗の拳」を世紀末たらしめた男「トキ」。

その強さ故に、「相手がトキを選んだら負け」という意味でこの言葉が生まれた。

なんだこのクソゲー

実際、闘劇06では参加者の三分の一以上がトキ使いであり、当然のように優勝者もトキ使いであった。

けものフレンズでのジョインジョイントキィ

けもフレ界隈では、同名のキャラクターである「トキ」をさす言葉として使われている。

トキが闘うときの挙動は基本的にジョインジョイントキィそのものであり、二次創作では当たり前のように座る。