BE MY BABY

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索

けものフレンズは、実質BE MY BABYである。ーーある研究員

BE MY BABYとは、ロックユニットのCOMPLEXの楽曲である。

概要

1989年4月8日にCOMPLEXのファーストシングルとしてリリース。

作詞は吉川晃司。作曲は布袋寅泰。

本作はリリース後オリコンチャートで1位となり、4月26日にはアルバム『COMPLEX』(1989年)、5月3日にはシングルビデオ「BE MY BABY」をリリースし、全てが1位を獲得しヒット作品となった。

来歴

アイドルとしてデビューし、音楽以外にも映画やテレビ出演などで活動していた吉川晃司は、1988年2月3日にシングル「プリティ・デイト」を発表後に1年間の休業宣言をし、事務所を独立、レコード会社を移籍して沈黙を続けていた。

また、BOØWYの解散後にソロアルバム『GUITARHYTHM』を発表した布袋寅泰は、その後の活動が注目されている状況であったが、1988年12月10日に突如2人のユニット「COMPLEX」の結成が発表される。

その後、第一弾シングルとして本作「BE MY BABY」がリリースされた。

ミュージックビデオ

一大ブームを巻き起こした本楽曲。

吉川晃司のクリアかつ荒々しいボーカルや布袋寅泰のリズミカルなギター、キャッチーなメロディなど、特筆すべき点は多々あるが、中でも目を引くのはミュージックビデオであろう。

白背景の空間でそれぞれが歌を歌いギターを演奏するのを低い位置から定点カメラで撮り続ける、というとてもシンプルなものになっている。

しかしそのパフォーマンスは圧巻の一言に尽きる。

ギターをかき鳴らしながら凄まじいキレで踊る布袋寅泰と、画面全体を縦横無尽に動き回りながら歌う姿はやはりロックであり、当時の少年たちはギター片手にものすごい中腰で歌っていたらしい。

ネットでのBE MY BABY

このミュージックビデオにアイドルマスターシンデレラガールズの安部奈々と佐藤心の顔をCOMPLEXの二人に合わせたクソコラ的な動画がニコニコ動画で人気になり、そのまま瞬く間にネット上に拡散されていった。

その影響は凄まじく、「BEMYBABYが流れると無条件で笑ってしまう」「もう吉川晃司と布袋寅泰をまともに見れない」「ビーという音だけで脳内でCOMPLEXが踊る」など、某野球漫画カルト的アニメなどと同じレベルの認識災害を引き起こしている。

ますとどんちほーでもいきなり誰かが歌い出し、それにつられて歌い始めることがたまにある。

もちろんけものフレンズには全く関係がなく、他所で通用するとは限らないので注意。

あと全ての元凶であるキャベツPを許してはいけない

関連項目