JAPARIグループ

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索
現在、このページの情報はアーカイブとして扱われています。
現在最新の情報は二次創作企画「ジャパリグループ・プロジェクト」に引き継がれました。今後このページは最新版に更新されることはありませんのでご注意ください。
Dd67df4f1e94f1d8.png

Welcome to ようこそ、JAPARIグループへ。

JAPARIグループ(ジャパリグループ、JAPARI Group)は、日本国内に拠点を置く世界最大の自然動物公園「ジャパリパーク」を運営している、国内最大規模の企業連合体です。従業員数は2057年現在で組織全体で53,200名にのぼり、世界中のあらゆる分野に精通した学者や研究者、技術者が雇用されています。また国内外32箇所に主要拠点を置いての活動を行っています。

JAPARIグループのその成り立ちは古く、1999年に日本政府科学技術庁(現・文部科学省)が国家主導プロジェクトとして立ち上げ、「地球上の動物を可能な限り保護していく」という壮大な理念のもと、それに賛同した幾つかの個人、法人、NPO団体等からの支援を受け設立された環境保全事業団体「日本動物保護先端研究所 (Japan Animals Protect Advanced Research Institute)」に由来します。

当時は国内外を含む多くの動物園やサファリパーク、その他の研究機関等に積極的な寄付や出資をする、また森林や河川等を管轄し独自管理するなどといった環境保全事業などに力を入れ、この段階までに国内の多くの動物園・水族館などが管轄を当団体へ委ねられました。その組織的規模は現在のJAPARIグループの1/2倍程度と言われています。

しかし、2027年段階までに環境問題はさらに大きなものへと変貌し、その活動に多くの打撃を受け、日本動物保護先端研究所は存続を危ぶまれるような状況となりました。この影響により日本動物保護先端研究所は各組織からの支援を打ち切られる、国家予算を圧迫しているとして解体寸前までに至る程の事態となりました。そのような状況の中で、当時当団体の総責任者であった████氏の尽力もあり、翌年の2028年6月には民営化が完了しました。民営化以後、日本動物保護先端研究所は名称を改め、それまで略称としても扱われていた「JAPARI」に由来して「公益財団法人 ジャパリ環境保護財団」、通称「ジャパリ財団」として再編成され、そしてその直轄組織としてジャパリ・インコーポレイテッドを持株会社とする「JAPARIグループ」を設立し、現在に落ち着きます。

ジャパリパークは、この民営化以後に建造された超巨大総合動物園です。ジャパリ財団は当時の日本動物保護先端研究所が所有していた小笠原諸島付近に出現した火山島は、研究所の民営化以後に不可思議な現象が発生していることに目をつけました。この現象については当時の多くの研究者やスタッフは調査について消極的でしたが、███博士と██氏を主導とする調査チームからの230ページにのぼる一連の調査報告書の提出が決め手となり、後のジャパリパークとなる設立計画「ジャパリパーク・プロジェクト」が2030年に発足しました。それ以降、幾度となく島そのものの調査と、動物がどのように暮らしていけるかなどの検証を重ね、また小笠原諸島周辺住民との協議を経て、10年の歳月が経ち2040年に超巨大総合動物園「ジャパリパーク」は完成するに至りました。

2057年現在において、ジャパリパークはJAPARIグループの中核事業となっており、年間2000万人以上の来場者数を誇ります。

経営理念

前身である日本動物保護先端研究所の設立提言者であり、最終的な設立者・総責任者である████氏によって提唱された理念は、現在のJAPARI関連組織全体の標語として受け継がれています。その原点となる、1999年に開かれた環境問題シンポジウムにて████氏がお読みになられたスピーチ内容の一部が以下の通りとなっています。

人類はおよそ10000年以上の間に、多くの生物を殺し利用してきました。その生命活動の中で、絶滅が確認されている動物も少なくはありません。いえ、寧ろ確認されていない絶滅動物のほうが遥かに多いでしょう。
そうです、我々人類は、生物界の頂点として君臨している故に、他の生物をとにかく蹂躙してきました。ですが、これは誰かがああしたからとか、こうしたからというわけではなく、人類というものはそうしないと生きていけなかったのです。
しかし、もはや事態は「仕方がなかった」で済まされるような状況にありません。既にご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、人類の活動によって、世界の環境状態は悪化の一途を辿っていることは明白です。各国家も同様に環境問題への対策を講じています。

(中略)

そしてこの行動は功を成している点も多くあります。具体的には2000年に発行された世界同時環境維持規定条約の制定と加盟によって、我が国家だけでも前年度からの二酸化炭素排出量の15%以上の抑制などが実現するなど、環境状態はある程度安定を維持できるようになっています。ですから、我々は行動さえ起こせば、この問題を必ず解決できるのです。それは個人の意識的レベルまでに言及しなければなりません。勿論簡単なことではないでしょうが、それでも必要なことなのです。

(中略)

それはまだ私が提唱したいことの一環に過ぎませんが、私がいいたいことは、人類は生物界全体の統治者として、全世界の環境や動物たちを安定して維持し保護し続けなければならないという「責任」をもっているということです。これは、今まで生物界を蹂躙してきた我々の大きな責任なのです。ですから、今ここに私は日本動物保護先端研究所という、一つの転機となれるような最高峰の環境研究組織を設立し、その中で彼等を守り通せるよう行動を起こしていく必要があるのではないかというわけです。

この意見に賛同してくださる方がいるのなら、ぜひともこの後の組織的理念と段階的行動計画についての討論にもご参加してくださればと思います。これをもって私のスピーチとさせていただきます。

1999年1月31日 - 環境問題シンポジウムでの████氏の序文

以上のうち、太字となっている部分が関連組織全体の基本理念として受け継がれ続けています。そのため、ジャパリパーク設立に際しても「全世界の動物を収容して堅持し続ける」という根本規範に基づき企画されました。

JAPARI 動物保護三原則

JAPARI理念.png

ジャパリパーク事業を展開するJAPARIグループ、及びジャパリ財団は、ジャパリパーク・プロジェクトの発案に際して上記の基本理念に基づいた3つの基本的な原則条項を設けて活動を行っています。先進的なテクノロジーを活用し、常に最大限の動物保護を行う上で、この三原則は徹底して守られるべきであるとしています。

●保護 (Protect)

全てのJAPARI関連組織とその所属人員は常に全ての動物に対し慈愛の念を忘れず、人間の活動によって淘汰される動物を恒久的に守っていかなければなりません。それが人類に対して課せられた責任であり、義務であるからです。

●研究 (Research)

全てのJAPARI関連組織とその所属人員は、上記の原則に反しない範囲で動物の性質について研究し続けなければなりません。これは、人類を動物による事故から保護するだけでなく、動物を人類から保護する上でも必要なことです。

●支援 (Support)

全てのJAPARI関連組織とその所属人員は、上記1と2に反しない範囲で、他の動物保護・環境保護団体やその関連組織/人物に対しての実効的支援を継続していかなければなりません。動物保護という観点から道を同じくする存在は仲間として扱われる必要があります。

ジャパリ財団について

ジャパリ財団は日本動物保護先端研究所の直接の後継組織であり、正式名称は「公益財団法人 ジャパリ環境保護財団」と呼称される、2028年に正式に設立が認められた環境保護団体の一つです。███氏を代表者とし、組織としては国内最大規模の事業展開を行っており、ジャパリパーク運営のための資金捻出の他に、全世界の認証済みの動物園/水族館/動物研究組織/環境保護団体等に対しての実効的支援事業を展開しています。また国際自然保護連合との共同計画として、絶滅動物の復活を目指した「グリーンリスト・プロジェクト」の実行役を担っています。組織の運営支援は各個人・法人から寄付される募金などから来ています。

JAPARI関連施設

ジャパリパークはその規模のため、様々な地方やエリアに多くの施設が点在しています。これらはパークに来園されたお客様にご利用していただくためのものですが、パーク内のアニマルガールらも同様に利用することが可能となっています。より詳しい施設の概要については、各施設のリンクを辿ってください。

  • ジャパリパーク・セントラル (JapariPark Central)

ジャパリパーク・セントラル、通称パークセントラルはカントーエリアに所在する世界最大規模の総合遊覧環境です。ここには遊園地を始めとした多くの関連施設・商業施設が林立しており、パーク内のアニマルガールも多く利用することがあります。また、パーク運営の中心地でもある中央管理センターもこのパークセントラル地下に併設されています。

  • ジャパリパーク・メモリアル (JapariPark Memorial)

ジャパリパーク・メモリアルは、カントーエリアを中心として各エリアに複数所在する人類史文明を保存するための施設の総称です。世界各国に点在する様々な歴史的遺跡/施設/絵画/彫刻/空間が保管・再現されています。現在は多くが建設途上にあります。

  • ジャパリパーク・サファリ (JapariPark Safari)

ジャパリパーク・サファリは、後述のパーク研究開発局によって管理されるエリアの総称です。その内部にはジャパリパーク動物研究所や海洋研究所、試験解放区などといった研究施設が存在し、絶滅動物の復元研究、ジャパリ群島の火山に関する研究、サンドスターの調査、アニマルガールの身体的研究を全面的に行っています。基本的にジャパリパーク・サファリは一般の来園者による侵入は認められていません。ジャパリパーク動物研究所には、主に絶滅動物の復元に関する多くの実績を残していることで有名であるカコ博士が副所長として所属しています。

  • ジャパリカフェ (Japari Cafe)

ジャパリカフェは、キョウシュウエリアの高山山岳部に設置されたロープウェイを利用することで行くことの出来るカフェです。見晴らしの良い高山では、来園者の方だけではなく多くの鳥類系アニマルガールがこのカフェを利用します。また、カフェ前の広場では季節や時間帯に合わせた様々なイベントが催されます。

  • ジャパリ地下迷宮 (Japari UnderLabyrinth)

ジャパリ地下迷宮は、キョウシュウエリアの砂漠地方地下に所在するパーク内アトラクションの一つです。一般的に地下迷宮と呼ばれており、アニマルガールと一緒に迷宮を解き、お宝を探しあてるといった内容で、10ジャパリコインで提供される予定です(なお、現在は建設中のため利用はできません)。

  • キョウシュウジャパリ図書館 (Kyoshu Japari Libraly)

ジャパリ図書館は各エリアには必ず1つ設立されており、この図書館はそのうちキョウシュウエリアに所在しています。この図書館では主として料理に関する本が多く所蔵されており、室内に植えられた巨大な木の上でゆっくりとそれらを読んだり、図書館前のキャンプ場でそれらの料理を実践することも可能となっています。

  • ロッジアリツカ (Lodge Aritsuka)

ロッジアリツカは、キョウシュウエリアの[編集済]地方に所在する宿泊施設の一つです。基本的に幹の直径が4mを超えるセコイアスギを取り囲むように建造されており、宿泊者やアニマルガールの生活環境に合わせた様々な宿泊部屋が用意されています。また、一般来園者とアニマルガールとの同時宿泊も可能となっています。

  • ユキヤマ温泉 (Yukiyama Onsen)

ユキヤマ温泉は、キョウシュウエリアの雪山地方に所在する宿泊施設の一つです。基本的に日本国内の温泉名所の[編集済]を基とした外観をしており、その地の歴史的文化についての資料も保存されているパーク・メモリアルの一つでもあります。ユキヤマ温泉では上記のロッジアリツカと同様アニマルガールとの宿泊も可能となっている他、同時に温泉に入浴することも可能となっています。

ナリモン水族館は、ゴコクエリア東部沿岸に位置する地点に設立されたパーク水族館施設の一つです。イルカやシャチなど、海棲哺乳類の保護と研究を基本とした数多くの海生動物の展示を行っており、沿岸部に所在していることの利点として海からの直接飼育も可能としている点が特色として挙げられます。また、ナリモン水族館関連としてパーク地方管理センターなどの運営地や、ナリモンマリンホテルなどの宿泊地も完備しています。

その他、様々な施設や設備がパーク内には存在しており、多くの方やアニマルガールによって利用されています。

JAPARI傘下企業

日本動物保護先端研究所の民営化によってジャパリ財団となった以降、現在はジャパリ財団からのみの大手支援を受けるグループ企業「JAPARIグループ」が設立されました。その際に関連する子会社・提携会社を有しており、それぞれはジャパリパークの運営に欠かすことの出来ない存在となっています。以下はそのうちの代表的な傘下企業です。

  • ジャパリ・インコーポレイテッド (Japari Incorporated)

ジャパリ・インコーポレイテッドは、現在のジャパリパークの総運営元であり、パーク運営に関する強い権限を有しているジャパリ財団直属の企業です。ジャパリ・インコーポレイテッドの全株はジャパリ財団のみが有しているため、実質的なパークの総監督はジャパリ財団によって行使される面が大きくあります。パーク運営事務局や倫理保安局を内在し、来場者の案内や説明やアニマルガールに対してのハラスメント対策活動など、必要に応じた柔軟な対応を行えるよう常に万全な活動体制を維持しています。

  • ジャパリテック株式会社 (JapariTec Co.,Ltd.)

ジャパリテックは、パーク内の設備の補修や点検、小型電子製品の開発などを行っていることで知られています。パーク内で使用される通信端末や小規模設備の多くはジャパリテック製であり、常駐する整備員は3割がジャパリテックに所属しています。現在は試験運用中であるパーク案内補助デバイス(コードネーム: ラッキービースト)の開発に注力しています。

  • ㈱ジャパリ重工 (JHI Ltd.)

ジャパリ重工は、パーク内の大規模な管理区画や保護設備の建設、作業機械の生産を行っている、JAPARIグループの中核企業の一つです。多くの設備はジャパリ重工によるものであり、パーク建設の大部分で活躍しました。

  • ジャパリゲームス株式会社 (JapariGames Ltd.)

ジャパリゲームスは、パーク内外に多くのオリジナルゲームを制作・販売しているゲームメーカーです。パーク内宿泊地に設置されるアーケードゲームのうち3割はジャパリゲームスによる制作であり、アーケード版けものフレンズはパーク内だけではなく国内外でもヒットした作品として知られています。

  • 株式会社ジャパリフーズ (JapariFoods Co.,Ltd.)

ジャパリフーズは、パーク内で流通している食品の多くを生産しており、中でも植物由来の完全栄養食品「ジャパリまん」を開発したことで知られています。現在においてジャパリまんの生産の6割はジャパリパーク内の大規模農園で行われており、パーク内で生活するアニマルガールらの主食として用いられています。

  • ジャパリ・トラベルリゾート株式会社 (Japari TravelResort Ltd.)

ジャパリ・トラベルリゾートは、パーク内宿泊地の設備運営や、船舶や航空機での来場者の送迎を請け負う旅行会社の一種です。パーク内ではゆきやま温泉やロッジアリツカ、ジャパリカフェなどといった宿泊施設や店舗の運営に携わっていることで知られます。各地では同社主導で定期的にイベント公演を行うなどしています。

  • ジャパリ・メディアプロダクション株式会社 (Japari MediaProduction Ltd.)

ジャパリ・メディアプロダクションは、主にパーク内のアニマルガールへの対応に特化した企業といえます。活動規模はパーク内に限定されているため他の傘下企業に比較して小規模ですが、アニマルガール初のアイドルユニット「PPP(ペパプ)」こと「Penguin Performance Project」の芸能事務所として知られます。

ジャパリ商事は、主に国内/海外業者からの製品の輸出入を担当する総合商社として設立されています。現在はジャパリフーズで生産される人気商品「ジャパリうどん」の流通と提供を主軸事業としています。

ジャパリ・インコーポレイテッド所轄部局

ジャパリパークそのものの総括管理会社であるジャパリ・インコーポレイテッドは、その運営を円滑に行うため11種類の独自部門を設置しています。各部門は相関して情報の交換が行われたり、傘下の子会社や関連組織への直接関与も行います。

  • パーク運営事務局 (Park Operation Secretariat)

パーク運営事務局は、ジャパリパークの運営に於ける最高権限を有し、それの現場行使が可能である唯一の部局です。基本的に他の部局はパーク運営事務局の司令は絶対的に従われるべきです。また、外部の者がパークの運営元を指す場合はパーク運営事務局を指します。

  • パーク倫理保安局 (Park Ethics and Security Bureau)

パーク倫理保安局は、ジャパリパーク内における様々な倫理的問題の対策や、安全性検証を調査するなどといった業務に携わる部局です。下位部門に法務部や教育部を備えており、アニマルガールに対してのハラスメント対策や運営全体の法的対応、教育活動による安全性確保などを行っています。

  • パーク施設管理局 (Park Facility Management Bureau)

パーク施設管理局では、主としてジャパリパークにおける様々な設備や施設の総管理を行っています。直属の傘下企業としてジャパリ重工といった企業が所属しており、パーク内の建物の増改築や取り壊しの判断は同部局によって行われ、その作業を傘下企業が実行します。

  • パーク研究開発局 (Park Research and Development Bureau)

パーク研究開発局は、ジャパリパーク内の様々な道具やアニマルガール・サンドスターそのものの研究と、それらの性質を利用した新たな技術の開発を請け負う部局です。下位組織・部門としてジャパリパーク・サファリや動物研究所が所属しています。

  • パーク企画局 (Park Planning Bureau)

パーク企画局は、ジャパリパーク内で開催される様々なイベントの考案や人員の配備を専門的に行う部局です。直属の傘下企業であるジャパリ・メディアプロダクション株式会社からPPPの採用などといったアニマルガールを企画に取り入れるなどといったことも行われます。

  • パーク広報局 (Park Public Relations Bureau)

パーク広報局は、国内外におけるジャパリパークそのものの外部公開や宣伝活動を基本として行っている部局です。

  • パーク医務局 (Park Medical Bureau)

パーク医務局は、ジャパリパーク内での急病やけがをされたお客様や職員を看護するなどといった業務を行う部局です。パーク内の医務施設はすべてパーク医務局所轄です。

  • パーク郵政局 (Park Postal Bureau)

パーク郵政局は、ジャパリパーク内の物資の移動や政府行政サービスの利用を可能とするための潤滑剤としても活用される部局です。

  • パーク動力局 (Park Power Bureau)

パーク動力局は、ジャパリパークにおける電力事業を管理している部局であり、群島内30箇所の発電施設を同部局とその直属の傘下企業が賄っています。

  • パーク交通局 (Park Traffic Bureau)

パーク交通局では、ジャパリパーク内の移動手段である鉄道やバス、タクシー、航空機等の安全運行を行えるための環境整備を行う部局です。直属の傘下企業としてジャパリ・トラベルリゾート株式会社が存在します。

  • パーク渉外局 (Park Extracurricular Bureau)

パーク渉外局は、他の環境保護団体や外部企業、日本政府との交渉営業を行うための部局です。一般的に外部にその存在を知られる例は少ないため、他の部局よりも情報の機密性は高いものとされます。

Login