JAPARIコンソーシアム

提供: ますとどんちほー図書館
ナビゲーションに移動 検索に移動

当ページは利用者:Kaitaku_101による「けものフレンズ」とMMORPG「EVE Online※リンクはニコニコ大百科のんふぇねさん作「どすこいかわうそルーム」のクロスオーバー二次創作ページです

ようこそ、JAPARIコンソーシアム公式サイトへ

当サイトにはJAPARIコンソーシアムの歴史、JAPARIコンソーシアムの柱、現在のJAPARIコンソーシアムについての簡単な紹介が記載されています。
JAPARIコンソーシアム下部組織についての情報が知りたい方は JAPARIコンソーシアムのページ一覧より各下部組織公式サイトへ飛ぶか、各下部組織へ直接問い合わせてください。
JAPARIコンソーシアムに関する詳しい情報を知りたい方はJAPARIコンソーシアム・アカデミー※工事中公式サイトへ飛ぶか、JAPARIコンソーシアム・アカデミーへ直接問い合わせてください。

JAPARIコンソーシアムの歴史

すべての始まり

YC150年にJAPARIコンソーシアムの前身となるコンソーシアム『Ωコンソーシアム』の元となったコーポレーション『Ωコーポレーション』が開拓者氏によって設立されました。YC153年には従業員総数100人となり、翌154年にNull-secに初の領土を獲得。YC170年にΩコーポレーションを元に『Ωコンソーシアム』を設立。地道な諜報活動と大胆な戦術により、YC180年頃にはNull-sec勢力の5本の指に入るほどに成長。
YC200年 アマー帝国領の惑星「β1762-2-6-5」にて発生した火山からの未知の物質の噴出の際にはがいち早く潜入調査を行い、1年に渡る調査の結果、物質α、知的生命体「アニマルガール」、生命体γを発見、これらの未知の存在群を「星の願い」と呼称し、それらの情報を帝国に極秘で入手しました。
その後、YC204年頃からアマー帝国が国ぐるみでアニマルガールを性産業に利用している噂が流れ出し、それを受け当コンソーシアムが調査。その結果アマー帝国がアニマルガールを性奴隷として利用している実態、そして帝国のアニマルガールに対する非人道的かつ残虐な行為を確認。この情報をスコープにリーク、それでもなお状況は変化しませんでした。この騒動を受けて、アマー帝国が当コンソーシアム領土への侵攻を開始し、後3年間に渡る戦争を引き起こしました(通称『性奴隷戦争』)。それを受けてアニマルガールに対する帝国の動きに対し批判を行っていたガレンテ連邦とミンマター共和国との同盟関係を構築、アニマルガールにガレンテ人・ミンマター人・当コンソーシアム従業員と同等の権利を与えることを約束しました。
YC206年、カルダリ連合の8企業のうち6企業がアマー帝国に対しアニマルガールを性奴隷として利用している実態を批判する声明を発表し、Ωコンソーシアム-ガレンテ-ミンマター同盟の行動を賞賛。同年に連合も同盟に参加し「アニマルガール解放同盟」と称されるようになりました。
YC207年にアニマルガール開放同盟がアマー帝国に対し「自由宣言」を通達。通達直後、帝国は宣言受諾を頑なに拒否していましたが。当コンソーシアムの外交努力の甲斐あって、翌年、帝国は宣言を受諾。自由宣言と同盟内の協定に基づき、ΩコンソーシアムのNull-sec領土とJAPARIプライムを有するアマー領リージョン「β-1762」を交換し事態は終息。これを受けて「アニマルガール解放同盟」は解散、四大帝国が全面衝突する最悪の事態は避けられました。

JAPARIコンソーシアムのおこり

JAPARIプライムを有するリージョン「β-1762」が領土となった直後、当コンソーシアムは識別番号のみだったリージョン名を「Ωリージョン」に改名。当リージョンは以前の当コンソーシアム領土と比べ、有する星系数こそ少ないものの眠っている資源量は引けを取らず、YC215年頃には領土としての確固たる体制を築くことができました。
YC220年、それまでは基本的な人道支援のみにとどまっていたアニマルガールに対する支援を大幅に拡大することを決定。その第一歩として、当コンソーシアムの従業員として雇用し、教育を施し、望むならばひとりの人間として世に送り出す事を目的とした「アニマルガール財団」を設立。当財団はアニマルガールの権利獲得の立役者となりました。
YC228年、存在群「星の願い」の詳細研究結果を受けて、当コンソーシアムの大規模改革が決定。当コンソーシアムとその構成組織の再構成、領土の地名の改名等を行いました。この大規模改革によって現在の当コンソーシアムの礎がほぼ完成し、この際に付けられたコンソーシアム名が現在当コンソーシアムの名称である「JAPARIコンソーシアム」です。

年表

年(YC表記) 出来事 !
YC150年

Ωコーポレーションが開拓者氏によって設立

YC153年

従業員総数100人達成

YC154年

Null-secに初の領土を獲得

YC170年

Ωコーポレーションを元にΩコンソーシアムを設立

YC180年頃

Null-sec勢力でも有数の勢力として数えられるように

YC200年

アマー帝国領の惑星β1762-2-6-5にて火山から未知の物質が噴出
秘密調査部隊を結成し、β1762-2-6-5に投入
存在群「星の願い」を発見し、調査

YC201年

秘密調査部隊を撤収、解散

YC204年頃

アマー帝国が国ぐるみでアニマルガールを性産業に利用している噂が流れ出す

YC205年

噂を受けて秘匿調査部隊を結成し、調査
その結果アマー帝国がアニマルガールを性奴隷として利用している実態と非人道的かつ残虐な行為を確認
この情報をスコープにリーク
アマー帝国が当コンソーシアム領土への侵攻を開始し
アマー帝国へ宣戦布告(のちの性奴隷戦争)
ガレンテ連邦とミンマター共和国との同盟関係を構築

YC206年

カルダリ連合が同盟に参加
アニマルガール解放同盟と称されるように

YC207年

アニマルガール開放同盟がアマー帝国に対し「自由宣言」を通達

YC208年

アマー帝国が宣言を受諾
ΩコンソーシアムのNull-sec領土とJAPARIプライムを有するアマー領リージョン「β-1762」を交換
リージョンβ-1762をΩリージョンと改名

YC215年頃

新領土で確固たる体制を築き上げる

YC220年

アニマルガールに対する支援を大幅に拡大することを決定
アニマルガール財団が設立

YC228年

存在群「星の願い」の詳細研究結果を受けて、当コンソーシアムの大規模改革が決定
ΩコンソーシアムがJAPARIコンソーシアムと改名

YC237年

現在に至る

コンソーシアム理念

すべてはフレンズの為に


このコンソーシアム理念はコンソーシアム大規模改革の際に「この改革はすべてフレンズの為に行われたものである」ということを示すために用いられた標語でしたが、改革完了後もコンソーシアムで度々用いられ、コンソーシアム理念として定着しようとしていたものを後に評議会のが正式にコンソーシアム理念として採用したものです。
このコンソーシアム理念に基づき、動機として、すべての活動が行われています。

JAPARIコンソーシアムの柱

独立性

強力な軍事に裏打ちされた強い独立性によって四大国家とも対等に渡り合える勢力として、コンソーシアム従業員(含アニマルガール)の権利を確保。
また、一部コーポレーションの暴走の抑止と競争力の低下の防止を意図し、各コーポレーションをそれぞれ独立した対等な関係に置いています。

研究

各コーポレーションに点在するアカデミックオフィス・ラボラトリーがそれぞれ独自に研究事業を展開しており、多角的かつ多様な研究を実現しています。
また、各研究機関の提携・協力も推奨しており、流動的な研究事業を実現しています。
これらの研究機関の尽力あって、コンソーシアムは「トランスジャンプ理論」を始めとする様々な研究成果を出しています。

観光・娯楽

コンソーシアムの花形とも言える観光事業はアニマルガールとの交流・動物に関する啓蒙を目的とした「ジャパリパーク」を始めとし、自然・文化・歴史・技術等様々な観光施設の設立・観光ツアー・広報を行っています。
また、娯楽施設等も豊富でこれらの観光・娯楽のために各地から訪問客が訪れ、その数は年間5兆人にも上り、コンソーシアム領に活気をもたらしています。
これらの裏で、治安部隊が治安の安定化のために、パトロール・検問等を行っており、観光・娯楽事業の安定化に一役買っています。

現在のJAPARIコンソーシアム

概略

JAPARIコンソーシアム理事会

JAPARIコンソーシアム理事会はJAPARIコンソーシアムの最高機関です。JAPARIコンソーシアムの意思決定を行い、予算の最高権限を握っています。
また、JAPARIコンソーシアムの最高裁判所としても機能しています。
「JAPARIの脳」が愛称としてよく用いられています。

JAPARIコンソーシアム・アカデミー(JCアカデミー)

JAPARIコンソーシアム・アカデミー(通称「JCアカデミー」)はニューエデンでも最高水準を誇る教育機関です。
コンソーシアム外からの学生も積極的に受け付けており、JCアカデミーの高水準な教育の維持のために大きな役割を果たしています。
四大国家とコンコードの認可を受け、YC210年よりカプセラ-の育成機関としても機能しています。

JAPARIコンソーシアム・エクスプレスオフィス(JC Exp.)

JAPARIコンソーシアム・エクスプレスオフィス(通称「JC Exp.」)はJAPARIコンソーシアムの正式報道機関です。
広報の役割も担っており、当オフィスのグループ「Penguin Performance Project(通称「PPP」)」は国境・国籍・人種を越えて熱烈な支持を獲得し、コンソーシアムの観光事業の大きな柱となっています。

JAPARIセントラル・コーポレーション

JAPARIセントラル・コーポレーションはコンソーシアムの中心的コーポレーションです。
コンソーシアムの中心的存在であるコンステレーション「JAPARIセントラル」の管理・維持を中心に、研究活動やアニマルガールの権利活動も行っています。

Ωリージョン・コーポレーション

Ωリージョン・コーポレーションはコンソーシアムの領土「Ωリージョン」の管理・維持を目的としたコーポレーションです。
その事業は資源採掘から食料生産・教育・領土交通管制・警察活動まで多岐に渡り、コンソーシアムの大黒柱とも言える存在です。

JAPARIミリタリー・コーポレーション『守護獣』

JAPARIミリタリーコーポレーション(通称「JM Corp.」別称「守護獣」)はコンソーシアムの軍事・軍需コーポレーションです。
主力艦隊・情報部門・兵站部門・製造部門など、当コーポレーション単独での戦闘活動が可能なように多岐にわたる事業部門を擁しており、様々な状況に対応できるポテンシャルを持っております。
各艦隊・部隊名誉最高司令官はそれぞれ艦隊・部隊名の元となったアニマルガールが任命されることになっています。
またJAPARIミリタリーの略称「JM」はJAPARIミリタリー・コーポレーションの下部組織の接頭辞、JAPARIミリタリー・コーポレーションとその下部組織の所属艦・車両・船舶・施設等の識別記号としても用いられています。

組織図

JAPARIコンソーシアム
  ├JAPARIコンソーシアム理事会
  │  ├JAPARIコンソーシアム・バンク(JC Bank.)
  │  ├JAPARIコンソーシアム元老院
  │  ├JAPARIコンソーシアム統合管理局
  │  ├ワームホール管理局
  │  ├どすこいかわうそルーム
  │  └JAPARIコンソーシアム外交局
  │     └使節艦隊『孔雀』
  │
  ├JAPARIコンソーシアム・アカデミー(JCアカデミー)
  │  ├JAPARIコンソーシアム・ライブラリー&アーカイブオフィス
  │  └JAPARIコンソーシアム・アカデミックオフィス
  │
  ├JAPARIコンソーシアム・エクスプレスオフィス(JC Exp.)
  │  └Penguin Idol Project(PIP)
  │
  ├JAPARIセントラル・コーポレーション
  │  ├JAPARIプライム統括部門
  │  │  ├ジャパリパーク運営局
  │  │  └プライム・ラボラトリー
  │  ├アニマルガール財団(フレンズ財団)
  │  │  ├フレンズアカデミックオフィス
  │  │  └フレンズ広報局
  │  ├JAPARIラボラトリー
  │  └治安維持部門『稲荷』
  │
  ├Ωリージョン・コーポレーション
  │  ├リージョン・マネジメントオフィス
  │  ├JAPARIテクノロジー
  │  ├JAPARIインダストリー
  │  ├JAPARIプロダクト
  │  ├JAPARIミール
  │  ├JAPARIマイニング
  │  ├JAPARIトランスポート
  │  └JAPARIアカデミックオフィス
  │
  └JAPARIミリタリー・コーポレーション『守護獣』
     ├JM主力艦隊『四神獣』
     │  ├JM第一艦隊『朱雀』
     │  ├JM第二艦隊『玄武』
     │  ├JM第三艦隊『白虎』
     │  └JM第四艦隊『青龍』
     ├JM即応艦隊『九尾』
     ├JAPARIプライム防衛部隊『隠神刑部』
     ├JM・インテリジェントオフィス『ツチノコ』
     ├JM・ロジティクス『シーサー』
     │  ├JM・ロジティクス第一『ライト』
     │  └JM・ロジティクス第二『レフティ』
     ├JM・テクノロジー
     ├JM・オールインダストリー
     ├JM・ラボラトリー
     └JM・アカデミックオフィス

保有領土

凡例

  1. コンソーシアム
    1. コンステレーション
      1. 星系

長いため折りたたみ

  1. Ωリージョン
    1. イオサ・センチネル
      1. ゲート・オブ・エデン
    2. Ωセントラル
      1. Ωプライム
      2. JAPARIセントラル
    3. エデン・ガーデ
    4. ネリカ
    5. サーシンチ
    6. モリアイト
    7. モーサ・ロイフ

計 1リージョン 7コンステレーション 57星系

提携勢力・団体等

この提携が結べたのはひとえにフレンズの尽力あってのことである
                     -提携発表会見 コンソーシアム設立者の演説より

  • ガレンテ連邦
    • 最先端技術センター
    • デュポーレ研究所
    • クァフェカンパニー
    • スコープ
  • サーバントシスターオブイブ
    • シスターオブイブ
  • コンシャスソウト学会
  • アップウェルコンソーシアム

JAPARIコンソーシアムのページ一覧

JAPARIコンソーシアム規格(JCO)
JAPARIコンソーシアム理事会
JAPARIコンソーシアム・アカデミー※工事中
JAPARIコンソーシアム・エクスプレスオフィス※工事中
JAPARIミリタリー・コーポレーション※工事中
JAPARIコンソーシアム・アーカイブ※工事中
JAPARIコンソーシアムの主要人物一覧




ログイン資格を提示してください。

ログイン資格確認
認証中
Please wait…


ログイン資格、認証完了
生体認証を行います。
指紋認証……… OK
網膜認証……… OK
瞳孔…………… 正常
静脈スキャン… OK
声紋認証……… OK
脈拍…………… 正常
神経スキャン… OK
生体認証、完了
こんにちは、Guest 様

Tale一覧

Tale:JAPARIコンソーシアム-開拓者-01
Tale:JAPARIコンソーシアム-開拓者-02
Tale:JAPARIコンソーシアム-開拓者-03
Tale:JAPARIコンソーシアム-菜々津-01
Tale:JAPARIコンソーシアム-守里-01