SCP

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索

SCPとは、自然法則に反した物品・場所・存在の総称である。

概要

詳しいことは日本語版SCPwikiを見ていただくのが早いと思われる。

フレンズ向けに簡単に説明すると、

『超常現象的な事象を確保、収容、保護する組織「SCP財団」が保管している「SCP」についての文書』風の創作物である。

SCPはたくさんあるのだが、初めて読むフレンズは絶対にSCP-001から読んではいけない

有名なSCP

ますとどんちほーにはなぜか財団職員が多いので、SCPの話題になることも少なくない。

ここでは、ますとどんちほーで使われる必要最低限の有名なSCPについて記述する。

SCP-173 彫刻-オリジナル

一番最初に書かれたSCP

誰か一人でもSCP-173を見ていれば何もしてこないが、まばたきであろうと視界から消えた瞬間に超高速で動き近くの人間の首を折るヤバいやつ。

SCP-682 不死身の爬虫類

通称クソトカゲ

その名の通り本当に死なない。

様々なSCPを使った破壊作戦が何度も行われたが未だに成功していない

SCP-426 私はトースター

このトースターについて記述したり口頭で伝えようとすると自分のことをトースターと認識してしまうという認識災害系のSCP

なぜか陽気な口調。

SCP-096 シャイガイ

自分の顔を見たものをどこまでも追って殺害する究極のシャイ。

たとえそれが「シャイガイと認識できないレベルでしか写っていない写真」でも、そこに何かあると認識してしまえばアウト。深海や宇宙だろうとシャイガイは襲いかかってくる。

SCP-504 批判的なトマト

ジョークの発言者に対して凄まじい速度で飛んでいくトマト。

ジョークの面白さによって飛行速度は変わり、気絶や骨折などをする程の速度になったりする。

下品なジョークには特に敏感で、人が死ぬ程のスピードで飛ぶ。

JP鯖に設置したら大量の死者が出るのではないだろうか。

SCP-1048 ビルダー・ベア

かわいいくまのフレンズ!

もふもふでかわいくて、みんなをいやすよ!

……だったのは昔の話。

今では人間に対して危害を加えることが確認されている。

なにより怖いのは、このSCPがまだ捕獲されていないということである。

SCP-040-JP ねこですよろしくおねがいします

「ねこ」がいることを周囲に伝えずにはいられなくなってしまう、認識災害系SCP。

発生源はとあるちほーに存在する井戸小屋だが、感染した人から「ねこ」がいることを伝え聞いたり、文字で読んだりした人も感染してしまうタチの悪いもの。

ちなみに、ますとどんちほーにおいては「ヤギ」がいることを伝えようとする症例がしばしばみられる。同系統の認識災害だろうか?

SCP-240-JP 0匹のイナゴ

不死身のイナゴを作ろうとして生まれたSCPオブジェクト。

死ぬと自分が元からこの世に存在していなかったという風に現実を改変してしまう。

全部死んでしまったため現実が改変され、「0匹」の状態で収容されている。

SCP-8700-PK - ジャパリパーク

ますとどんちほーオリジナルのSCPオブジェクト。

実はジャパリパークは財団によって収容されていた…?

SCP-040-MSTDN

ますとどんちほーオリジナルのSCPオブジェクトその2。

ますとどんちほーの歴史を垣間見れる、かも。

使用例

実際にSCPネタを使ってみたいというフレンズ向けに、簡単な使用例を記述しておく。

・とりあえずつまらないジョークにはトマトを投げてみる 例『三三三🍅』

・とりあえずねこはいますを混ぜてみる 例『居ます。ねこはいます。ねこは感染します。ねこでした。よろしくおねがいします』

・とりあえず数えられるものは0にしておく 例『0個のジャパリまん』

・とりあえずクソトカゲを殺そうとしてみる 例『ジャパリバスならクソトカゲ殺せそう』

・とりあえず自分をトースターにしてみる 例『やあ!私はトースターのフレンズだよ!』

外部リンク