Scuderia Toro Rosso

提供: ますとどんちほー図書館
移動先: 案内検索

曖昧さ回避

  1. スクーデリア・トロロッソ:イタリアのF1チーム
  2. Scuderia Toro Rosso:ますとどんちほーに存在すると言われている地下組織

本項では2について解説する。

概要

Scuderiaはイタリア語で「チーム」(英語でいうSquadにあたる)という意味。Toro Rossoはイタリア語でレッドブルの意。
ますとどんちほーに存在すると言われている地下組織であるが、現状は都市伝説の域を出ていないため、ここからは見聞を基にして書き記す。

レッドブルをこよなく愛する者が集まると言われている組織で、安価で大容量の魔剤派が多いちほーの中では比較的少数派の組織と言われている。
主な活動としてはレッドブルの布教活動とゲリラであり、その根拠地は2018年現在明らかになっていない。一部では2017年頃から本田技研工業と接触をしていると囁かれているが、噂の領域を出ない。
レッドブル自体が魔剤と比較して高価なため、このような潜伏活動をしていると考えている学者も多い。イギリスの活動家クリスチャン・ホーナー氏はこの組織に支援をしており、莫大な金額(約5000兆ポンド)の寄付をしたと発言しているが、真偽は不明。

合言葉は「Gives you wings(翼をさずける)」。翼を授かった者はあらゆる物理現象を超越するという伝説がある。

逸話

  • F1チームのスクーデリア・トロロッソに所属するブレンドン・ハートレーは、自身のマシンに「赤べこ号」と名付けた。これが組織による陰謀と主張する魔剤学者もいる。
  • 「彼らについて知るにはシュピールベルクに行け」という言葉があるらしいが、シュピールベルクの場所は不明である。

スペシャルサンクス

  • 魔財団の記事を参考に作りました。ありがとうございます。